スポーツ選手

大坂環の年齢は?出身地や高校や大学についても調査してみた!

プロテニスプレイヤーとして、日本を代表する選手に成長した大坂なおみ選手(24歳/2022年7月現在)。

きょうだいは、姉・大坂まりで、元テニスプレイヤーでした。

父はカリブ海のハイチ共和国出身のアメリカ人で、母は日本人というハーフです。

3歳からテニスを始めた大坂なおみ選手を育てたお母さんとは、どんな方なのでしょう。

  • 大坂なおみの母の年齢は?
  • 大坂なおみの母の出身地や出身校は?

以上の情報を調査しました!

大坂環の年齢は?

大坂なおみ選手の母は、名前を『大阪 環(おおさか たまき)』といい、年齢は51歳(推定)です。

2018年掲載の「デイリー新潮」で、大坂環さんの年齢が掲載されていました。

ハイチ系米国人である父親のレオナルド・フランソワ氏(51)と、日本人である母親の環(たまき)さん(47)の間の次女である彼女は、3歳の時に米国に移住し、現在はフロリダで暮らしている。では、その大坂と根室との縁はと言うと、それは環さんの故郷だということである。(デイリー新潮

2018年当時で47歳ということは、2022年現在は51歳ということになりますね。

広告
スポンサードリンク

大坂環の出身地はどこ?

大坂なおみ選手の母・大坂環さんの出身地は『北海道根室市』です。

大坂なおみさんの祖父で大坂環さんのお父さんが、「根室漁業協同組合」の組合長を20年されていました。

大坂なおみ選手の祖父・大坂鉄夫さんがインタビューを受けている動画を発見!

大坂なおみ選手が全米オープンで優勝したときに、自宅前で受けたインタビューです。

おじいさん、嬉しそうですね。

  • 根室漁業協同組合は、サンマの水揚げが10年連続日本一の花咲港が所属で知られています。

漁師の仕事は年収1000万は稼ぐといいますから、きっと大坂なおみ選手の母・大坂環さんの実家は裕福だったのではないでしょうか?

広告
スポンサードリンク

大坂環の高校や大学は?

大坂なおみ選手の母・大坂環さんが通った高校や大学を調べてみました。

高校も大学も北海道で、大坂なおみ選手のお父さんと出会ったのも北海道だったそうです。

大坂環の高校!

大坂環さんの出身高校は『北星学園女子中学高等学校』が有力のようです。

というのも、北海道には北星学園附属大学付属高校などもあるのですが、一部mixiで

当時の担任の先生だったという人の書き込みを発見しました。

大坂なおみさんのお母さんは、本校の卒業生です。ちなみに高1の担任はわたし=清水で、卒業担任は英語科の秋元先生です、(普通科に入学しましたが、2年の時に英語科に転科しましたので、卒業は英語科です。)秋元先生やテニス部の顧問の先生ともはなしていたのですが、なおみさんはまだ一度も北海道に来たことがないそうなので、一度お母さんと一緒に来てくれたらうれしいなと思います。が、しかし当分は忙しすぎて無理でしょうね。(mixi

これは、大坂環さんが「北星学園の卒業生では?」と投稿したユーザーに対して、なんと当時の担任の先生だったという方の書き込みです。

大坂環さんが1年のときに「普通科」だったのが、2年生から「英語科」になって卒業しているということ、担任の先生の名前も知っているという点で一番有力ですね。

大坂環の大学!

大坂環さんの出身大学は、『北星学園女子短期大学』です。

「実践英語科」で卒業されています。

卒業してからは、そのまま札幌市にある「大手英会話教室」に勤務しています。

大坂なおみ選手の父・レオナルドさんは、この教室で英語講師をしていたのです。

職場結婚だったのですね。

しかし、この結婚には大坂なおみ選手の祖父・大坂鉄夫さんの猛反対に合いました。

親子断絶までいきこれがきっかけで、大坂環さんはレオナルドさんと共に大阪に転居します。

それから10年近く、ふるさとの北海道には帰りませんでした。

反対の理由は「一家の恥だ!」と言われたらしいです。

相手が外国人というだけで、「一家の恥」は言い過ぎでは?と思いますが、とにかく大変な剣幕だったようです。

しかし、のちに日本を代表する孫に恵まれ、結果的に良かったのではないでしょうか。

仲の良い親子の3ショット!

幸せそうでなによりです。

広告
スポンサードリンク

まとめ

今回は、プロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手の母・大坂環さんについての情報をお伝えしました。

  • 大坂環の年齢は、2022年現在51歳(推定)
  • 大坂環の出身地は、北海道根室市
  • 大坂環の高校は、北星学園女子中学高等学校
  • 大坂環の大学は、北星学園女子短期大学英語科卒業

大坂なおみ選手にとってお母さんは幼少のころから、テニスを教えしっかりコンディションも整えられるように母としても、とても強力なサポーターだろうと思います。

2022年1月に腹部の負傷で試合を棄権したりしましたが、臆することなく強い母のサポートを受けてますます活躍していってほしいですね。