ライブ会場

朱鷺メッセの見え方と座席表は?見えない・見づらい席はどこ?

朱鷺メッセのライブチケットが当選したらやっぱり気になるのは自分の座席からの見え方ですよね?

朱鷹メッセは複合一体型コンベンション施設で、イベントやコンサートなど催されています。コンサートやイベントなどが行われるのは国際展示場です。

最大収容人数は10.000人の大規模な会場ですね。

座席は固定席はなく稼働席なので、座席表やステージの場所、そして花道もアーティストによって毎回変わってくるので、コンサートの当日まで公開されないことが多いです。

この記事でわかること

  • 朱鷹メッセ・アリーナ席の見え方と座席表
  • 朱鷹メッセ・スタンド席の見え方と座席表
  • 朱鷹メッセの見えない・見づらい席

朱鷺メッセの見え方と座席表は?

それでは朱鷹メッセの見え方と座席表をご紹介します!

まずは朱鷹メッセの座席表から見ていきましょう。

毎回このような座席表ではありませんが、このようにブロックで振り分けられています。

 

アリーナの見え方は?

それでは朱鷹メッセのアリーナからの見え方はどうでしょうか?

このようにステージが前方にある場合、前の方と中央でしたら充分にアーティストが肉眼で見れる距離ですね!

ちなみにステージが前方の際は、アリーナの最前列の席数は80〜100席ほどになります。

朱鷹メッセのステージ構成はこのほかにも、中央にステージが配置されていたりパターンが変更されていたりするので見え方には違いが出てきます。

しかしアリーナの後ろの方はステージとの距離がありますよね。

個人差などはありますが、前の人や周りの人によって見えにくいと思われるので双眼鏡を持っていくことをおすすめします!

しかし朱鷹メッセは会場自体がそんなに大きくはないので、運が良ければ花道にアーティストが近くに来てくれるか漏れませんね!

またジャニーズのコンサートのように外周を使ったりすることも多いのでその場合は後方でもアーティストが近くで見れるかもしれません。

スタンドの見え方は?

次に、朱鷺メッセのスタンドからの見え方はどうでしょうか?

朱鷹メッセはアリーナ席とひな壇席で設置されていてスタンド席はありません

展示場に座席やステージが特設で作られるためだと思われます。

広告
スポンサードリンク

朱鷺メッセの見えない・見づらい席はどこ?

結論から先にお伝えすると、朱鷺メッセの見えない見づらい席は後方の席です。

やはりどこのコンサート会場でも言えますが、前方にステージがある場合は、後方は見にくいとの声が多かったです。

後方でも見やすいと言う声と、見えにくいと言う声どっちも見られました。

やはり個人の身長や体格、周りの人にもよるものだと考えられます。

他のコンサート会場と比べ朱鷹メッセは、段差がなく平らな会場なので野外ライブのような感じとの声もありました。

広告
スポンサードリンク

まとめ

朱鷺メッセの見え方と座席表について調査しました。

朱鷹メッセは可動式の座席なので、アーティストによってステージの位置や花道など変わってくるので当日までは座席表は分かりません。

朱鷹メッセはステージが前方にある場合は前方と中央席はアーティストの顔が肉眼ではっきり見える距離だとのことです。

後方はステージから結構距離が離れているので双眼鏡を持って行った方がいいですね。

朱鷹メッセは展示場に座席やステージが特設で作られるためスタンド席はないです。